ライフスキルの扉


 

第1回 スポーツで心を豊かに!スポーツで社会を豊かに!!

               ~ライフスキル教育とは~

 

皆さんはじめまして。

亀谷 涼と申します。現在流通科学大学体育会サッカー部で監督をしております。

この度ライフスキルコーチングの重要性を少しでも多くの方にご理解いただきたく、コラムを書かせていただくことになりました。そもそも、サッカーしかしてこなかった私がなぜこのようなコラムを始めることになったかと言いますと、少し自己紹介も交えながら話をさせていただきます。

私は小学校2年生でサッカーと出会い、高校卒業後プロ選手をめざしイタリアに留学しました。結局プロ契約を結べず代理人にクビを宣告され、日本に帰国しました。その後、指導者の道に進むことになるのですが、サッカーに携わることで次第に上手になるだけでは選手の将来が心配、社会が心配という思いが芽生えました。スポーツ界では、一流アスリートによる未成年の飲酒喫煙によるオリンピックの強化指定選手取り消し、賭博行為や薬物使用で選手生命を終わらせてしまうなど、社会の信頼を失墜させる事件が後を絶ちません。また、クラブ指導者による部員に対する暴力が社会問題化し部員がクラブを辞めさせられる状況に追い込まれ、最悪のケースでは自殺してしまうという事件が起こりました。勝利を優先するあまり、大切な人間形成が後回しとなり、アスリートが社会で必要なスキルを身につけていないことが要因となっているからです。そこで、30代後半で一念発起し心理学を勉強するべく大学に入学しました。そして、現在大学院でスポーツ心理学を専攻し「ライフスキル」に出会うことになったのが始まりです。

子どもたちがスポーツを始める時、動機は楽しいからです。純粋にスポーツが好きで始めることがスタートです。しかし、大人になっても競技力向上のみに専念し、スポーツを通した人間形成を怠ってしまうと、先述のような問題が起こりかねません。子どもたちに携わる大人こそが、純粋にスポーツを楽しむ中に、人間形成の要素を指導していくことが望まれます。人間形成をする一つの方法としてライフスキルがあります。今日はこのライフスキルについて話をします。

ライフスキルとは、言葉の通り生きる力にきわめて近いとされ、 世界保健機構(WHO:World Health Organization)が「日常生活で生じるさまざまな問題や要求に対して、建設的かつ効果的に対処するために必要な能力」と定義づけたスキルです。

もともと健康教育では、「知識があれば健康になる」という考え方に基づいて、保健教育では子どもたちに授業を通して正しい知識を教えることに取り組んできていました。しかし、例えばタバコを吸う場面では、知識がありタバコが人体に悪い影響を及ぼすことが頭で分かっていても、行動を変えられないと言う問題がありました。また、先進国などで社会問題化している青少年の中退・退学、喫煙、飲酒、薬物乱用、性の問題行動などの危険行為防止として、発達段階に応じたライフスキルを身につけさせるべきだと1993年にライフスキル教育プログラムを公表、紹介したのが始まりです。

ライフスキルは土台にセルフエスティームがあり、その上に4つの柱(目標設定スキル・コミュニケーションスキル・意思決定スキル・ストレスマネジメントスキル)で構成されています。

セルフエスティームとは、自尊感情、健全な自尊心などの意味を表します。自分自身を大切に思い、信頼し、好きになるという自己肯定能力で、そのスキルにより他者(まわりの人)を肯定するのも可能にするので、対人関係スキルによい影響を与えると言われています。周りの大人も、このセルフエスティームに気を配り、育み、互いに高め合えるように配慮する必要があります。

このセルフエスティームの上に先ほどの4つの柱が立ちます。

1.目標設定スキル

何かを始める時、短期・中期・長期と期間をしっかりと定め、実現可能な目標を設定できるスキルです。目標難易度が高くても、低くてもモチベーションが下がってしまいます。モチベーションがちょうど高まる、程よい目標設定を探すことができるようになるスキルです。

2.意志決定スキル

ベースとなるのは、飲酒喫煙や薬物乱用等非行への誘いに対する本人の回避につなげることです。生活する中で、実は選択することは次から次へと起こっているのです。意志決定スキルを高めることで、いくつかの選択肢の中から、最も望ましいと考えられるものを冷静に選択できる能力です。様々な誘惑に対して瞬時に望ましいと考えるものを選択するスキルです。例えばタバコを勧められた場合、「吸う」か「吸わない」かを自分で判断することです。

3.コミュニケーションスキル

コミュニケーションとは、人間対人間が互いに意思や感情などの情報を身振り手振りなどを交え伝え合う状況を言います。コミュニケーションスキルを高めるとは、どれだけ話せるかと言った「話すこと」を主に考えがちです。よくコミュニケーションはキャッチボールと言われる通り、投げる(話す)だけでは一方通行になります。ボールを受ける(聞く)ことが互いのコミュニケーションを促進します。従って、聞く技術と言うのもすごく大切になります。コミュニケーションスキルを高めることで、飲酒喫煙や薬物乱用等の非行に対して、人間関係を損なわずに断るスキルです。話すことがそんなに得意でなくても、聞く技術を高めれば、相手の自己開示を促進しコミュニケーションスキルも高められます。

4.ストレスマネジメントスキル

ストレスとは、刺激によって心身にひずみが生じた状態を言います。生活している中で、ストレスがかからないことはないでしょう。逆に、全くストレスのない生活は、人々を無気力にしてしまうこともあります。ストレスは全てが悪いものではなく、美しいものを見たときの感情や、スポーツの興奮や抑揚など良いストレスもあります。ストレスによる心身の反応は心と身体にあらわれ、休息や気分転換が必要となります。

しかし、ストレスの原因を知らず、上手にお付き合いできない場合、薬物などに安易に手を出すことも考えられます。 ストレスマネジメントスキルは、ストレスの原因を理解し健全な状態に戻すことで、ストレスの状態に陥らないよう未然に防ぐ手段を習得するスキルです。

言葉で説明するのは難しいと思います。図で示すと以下のような感じです。

これがライフスキルコーチングのベースとなるライフスキルです。

 

次回は、「技術指導するだけでいいの??」次回をお楽しみにしてください。

亀谷 涼
兵庫教育大学大学院在学中、
元イタリアセリエC
AC.MONZA所属
流通科学大学在職
(流通科学大学サッカー部監督)